1. ホーム
  2. ビーグレン
  3. ≫なぜビーグレンがしわにこんなに効果があるのか?

なぜビーグレンがしわにこんなに効果があるのか?

しわってどうしてできるかを考えてみるとですね、まずは乾燥でできてしまう表面の細かいしわ。これはお肌が水分を失ってカラカラに乾いてしまったためにできるしわで、例えば、紙をくしゃってやるとしわができてしまいますよね?でも霧吹きで水をかけるとしわがピンと伸びてくれます。

そういったしわにはローションや美容液、クリームでスキンケアしてあげればお肌が一瞬うるおうので、一時的にしわも目立たなくなりますね。

でもまた乾けばしわができてしまいます。

乾燥でできるしわならまだマシ。笑ってできる笑いじわ・・・特に目の横のしわなんかは、スキンケアしたくらいでは消えてくれません。

おでこのしわなんかもそうですよね。表情のくせでついてしまったしわはほおっておくとどんどん深くなることはあっても決して消えてはくれないです。

しわができてしまうのは、お肌の真皮層で肌の弾力やハリなどを構成してるヒアルロン酸やコラーゲンなどが加齢によってどんどん失われていくことによって、弾力やハリを保てなくなりその部分が陥没してしまうせい。それがしわになってしまいます。

sinpi

しわに効果のある美容成分はあります。ヒアルロン酸以外にも、コラーゲンを作るもとになる繊維芽細胞に直接働きかけて弾力やハリを取り戻すことのできる成分もあります。

ただし、

一般の化粧品はそういった効果のある美容成分をどんなにナノ化しても低分子化しても、浸透させることができるのは角質層まで。

その先の真皮層には浸透できなくなってます。

なぜかというと、お肌は皮脂で覆われているから。

美容成分は水溶性なので、どうしても皮脂ではじかれてしまうのでその先へは浸透できないんですね。どんなにがんばっても。

だから保水力にとっても優れてるヒアルロン酸などの美容成分でもせいぜいお肌の表面を一時的に潤わせるだけなので、しわを一時的に目立たなくはしても、根本から消してくれるような効果は期待できないんです。

ビーグレンは何が違うのかというと、その「浸透力」。皮脂で覆われたお肌を通過して、その先の真皮層まで美容成分を送り届ける技術(Qsomeキューソーム)を持っています。

qsomu

簡単にいうと、皮脂と似た成分で作られたものすごく小さなカプセルの中にヒアルロン酸など水溶性の美容成分を閉じ込めて、カプセルごと化粧品に配合してお肌の真皮層まで行き届かせることに成功しました。しかもその技術は国際特許を取っているのでよそのメーカーは真似できないんです。

ビーグレンが化粧品に配合してる美肌効果のある美容成分はほかのメーカーとそう変わりません。唯一違うのはその「浸透技術」なんです。

ビーグレンはしわに効果のある美容成分をしっかり真皮層まで行き届かせることができるので、「ほうれいせんがどんどん薄くなった!」「眉間のしわが目立たなくなった」「目元のしわが激減した」などしわに効果を実感してる人が続出してるんですね^^

ビーグレン化粧品の開発者であるブライアンケラー博士は「若返ることは可能です」と言い切ってるからスゴイです!
私のしわがみるみる消えた化粧品
b.glen(ビーグレン)【公式サイト】→

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。