1. ホーム
  2. しわ・たるみの原因
  3. ≫しわってどうしてできる?

しわってどうしてできる?

しわは歳を重ねたらできるというものではないんですよ。

若くても出来ますし、逆に普段からお肌のお手入れをきちんと正しくしていて皺が出来ないように気をつけている人もいますし。

といっても若い人は肌のターンオーバーがきちんと機能しているので「しわが定着」することはほとんどないです。
生まれつきお肌にトラブルがあるなどの人は別として。

しわの原因はいろいろあります。

・紫外線(「シミ」で有名ですが「皺」にも関係する)
・寝姿勢(無意識下の行動なのでこの対策が一番難しい)
・表情
・老化
・乾燥(特に冬季の乾燥は注意)
・生活習慣(喫煙・飲酒・食生活)
・間違ったスキンケア方法
・ストレス等(ダイエットもよくないが、気付くのは何十年後。ストレス等は結構早く出る)

特に女性の場合は、出産後などに一時的(恒久になってしまう場合も)に「しわ」ができることがあるんです。
というのも、出産後は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少してしまうため、美をつかさどるエストロゲンが減ることでお肌が潤いを保ちにくくなって乾燥肌になりやすいんですね。

それだけじゃなくて産後は赤ちゃんのリズムに合わせた生活になるので、夜しっかり睡眠を取れなくなったりスキンケアをゆっくりする時間も取れなくなってしまったりするので、お肌のターンオーバーも狂ってしまったりが原因でより乾燥肌に拍車がかかって、しわやたるみの原因になってしまうんです。

しわの原因は他にもあるので、自分にとって何が原因なのか把握することが大事です(ケア方法が違ってくるので気にしましょうね)。

しわには、「即効性があるしわ」と「表面に現れるのが遅いしわ」の2つが在ります。

どちらかというと表面に現れるのが遅いほうが厄介なのしわですね。

「早いもの」と「遅いもの」双方に影響する「しわ」の原因になる「紫外線」についてはまた別の記事に書きますね。

お肌のしわについては、食事や生活の習慣を直すことで改善される場合もあるので気をつけて過ごしたいですね。
しわができにくい生活習慣はもちろん健康にも良いですし。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。